発毛治療の種類について

発毛治療の種類には、服用や外用薬などの薬剤を使用するものと、頭に直接施術を行うものがあります。

発毛治療の特徴を紹介するサイトです。

発毛治療で薬剤を使用する場合は、内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルの2つがあります。

プロペシアは脱毛の進行を止める効果があり、ミノキシジルは発毛を促進する効果があるので、この2つの薬を併用することで、発毛効果がより高まると言われています。これらの薬は継続して使用することで効果があり、投与を中止した場合は、再び脱毛する場合があります。

プロペシアは女性には副作用の影響が大きいため、使用することはできません。


ミノキシジルは女性専用のものがあるので、そちらを使用しましょう。



発毛治療で頭に直接施術を行う方法は、育毛メソセラピーやHARG療法があります。どちらも頭皮に発毛や育毛に効果のある栄養素などを注入して発毛治療を行います。



HARG療法は、栄養素に加えて成長因子の注入も行います。


髪を作り出す毛母細胞が休止すると髪が生えてこなくなるため、その休止している毛母細胞に成長因子を注入して活性化を行います。
定期的な注入により、毛周期のサイクルが整い、発毛治療に効果があります。
HARG治療は一定期間の治療を行って毛周期のサイクルが安定すれば治療を中断しても効果が持続しますが、育毛メソセラピーは治療をやめたら効果がなくなります。しかし治療費は育毛メソセラピーの方が安いので、治療をする場合は専門機関でのカウンセリングを行い、比較検討してからにしましょう。